読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

名曲喫茶ライオンのこと。 名曲で潤う喫茶店で過ごす至福の時とは

喫茶店の紹介

 

f:id:works_movie:20170208155331j:plain

本日は、渋谷の道玄坂にある、名曲喫茶ライオンというお店を紹介したいと思います。

一人で過ごす至福の時。

 音楽喫茶といえば、音楽のみを楽しむために私語禁止を掲げたお店も少なくありませんが、このお店の扉を開けた先には、至福の音楽に包まれた空間に身を静かに預ける人々がいました。

 

名曲喫茶ライオンとは?

昭和元年から80年以上の歴史あるお店で、内装は当時のものからほとんど変わっていないそうです。

このお店の特徴は、レトロなデザインと、細心の注意の払われた音響環境が紡ぐ珠玉の名作たち。店内は、迫力ありなおかつ繊細なクラシックで包まれています。

お店の正面には大量のレコードとCDが。

そしておいしいコーヒー。毎朝店長が自ら淹れるというそのコーヒーは絶品でした。

 

お店の雰囲気

 

f:id:works_movie:20170208163347j:plain

照明の落とされた店内からきこえるのは、ほとんど音楽のみ。利用者はみなレコードから流れるその音楽に任せ心地よさそうでした。

混み具合は平日の夕方で半分くらい。ほぼ全員が一人で利用していましたね。

とはいうものの、全く入りづらい雰囲気ではないです。テーブル席もあるし。

音楽にひたすら耽る人、PCを利用する人、本を読む人、果てには心地よさそうに寝ている人も(笑)各々が好きなように時間を過ごしていました。『大きな声で話すこと』『写真や動画の撮影』など禁止事項もありますが、なるほどそれらはこの雰囲気を守りたかったのですね。

 そして、注文すると右のコンサート内容の書かれたしおりが渡されます。かわいい。

店員さんもみな落ち着いていて、どれだけ長居しても高圧的な態度を取られることもないでしょう。

 

メニューとか概要とか

メニューはコーヒーや紅茶までいろいろありました。

ミルクセーキとか、これまた頼んでみたくなるようなものも。

それぞれ600円弱で、食べ物はアイスクリームのみ。

喫煙席ももちろんあります。

二回には充電用のコンセントやLANケーブルもあり、PCの利用を禁止していないどころかそのような気遣いもある親切なお店ですよ。

f:id:works_movie:20170208165526j:plain

さて、本日は名曲喫茶ライオンの紹介をさせていただきました。

もし機会があればぜひ。