読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

森友学園問題とペヤングソース焼きそばの間に、類似性はあるのかどうか。

エッセイのこと。 政治のこと

連日、インターネットやテレビで森友学園の報道をこれでもかというほど目にする。

そんな光景を前に全く関係のない、ソース焼きそばのことが思い浮かんだ。

f:id:works_movie:20170318193721p:plain

なんだか、全く関係のないその二つの間に類似性が、共通項があるような気がしたのです。

 

ソース焼きそば森友学園

 

テレビを見る習慣がなかった僕だが、実家に帰った折、テレビでこれでもかというほどマスコミに叩かれ、必死に国会の答弁で弁解する我が国の首相の姿を見た。

たかが一つの小学校のことでここまで大きく取り上げられている。

わかっているよ、様々な方向に波及して色々な粗や問題を明らかにするくらい、それが単純な問題ではないということは。

 

僕は政治にあまり精通していない……。

けれど政治家って、森友学園がどうとかこうとか騒ぐことだけが仕事なのか、いやそんなはずないでしょう。

何でもそうだけど、こうやっておおきく騒がれる裏には何かが並行して隠されているんじゃないかな、とふと思ったのです。

何故ソース焼きそばは変わり種を生み出し続けるのか。

ペヤングソース焼きそば、最近でもチョコだとかパクチーだとか納豆だとか、よくわからないことやっているよね。

一平ちゃんもショートケーキとかわけのわからないことをやっていたことが記憶に新しい。

カップ焼きそばだけじゃなくて、カップラーメンも、ガリガリ君ナポリタンも。

 

でも昔から変わり種はあったと思う、ペヤングだって、蕎麦とかカレー味とかさ。

 

それにしても最近顕著じゃない?って思うのです。

そういう流れに、ペヤングはなにかの思惑を元にのっかっているのではないのかなぁと。

 

食品業界が変わり種を生み出し続けるムーブメントの潮流の根源、申し訳ないんだけど、ここは僕の想像力が追い付かないところにある。

けれどペヤングが変な味を生み出し続けるのは、なにかしらの理由があるのではないかなぁと思ったのです。

 

みんな忘れてない?例の異物混入事件を。ゴキブリの混入だっけ。

 

あれは食品業界に携わる人々を大きく震撼させたに違いない。

しばらく発売禁止になるほど世間をにぎわせた。

 

それが直接の理由だと断言できるだけの根拠が僕にはないのだけど、それにしてもこれだけ変わり種を生み出して話題になれば、みんな忘れていくよね。

もし、変わり種を話題に昇らせ人々の頭から異物混入事件を忘れさせようとしているのだとしたら、その計画は非常にうまく言っているといえる。

 

まぁ、都市伝説レベルの話なんだけど。

森友学園の話

さて、話を戻したい。

安倍さん、森友学園がうんぬんとかやっている場合ですか。

いや、ダメでしょ、と僕は思うのです。

森友学園の問題を軽視しているわけじゃない。

でも政治の腐敗や悪事について一日中言及して、それも政治家の仕事なんだろうけど、それにしてももっと大事な、取り組むべき問題がたくさんあるのでは?

で、もしもそれだって何かの思惑のもとにあるとしたら。

 

政治にそれほど詳しいわけではないから、こういった指摘は大きく的を外しているかもしれないけれど、僕はこんな観点から森友学園問題という、ちょっと不気味な事件をみてみました。

 

僕らが森友学園がどうとか言っている間に、知らないうちに、何か大事なものを忘れているんじゃないのか、とか。

国民に知られたら都合の悪いような話し合いが秘密裏に進められているのではないか、とか。

そんな嫌な想像が脳裏をかすめたのです。

 

だって気持ち悪いでしょ。

政治のトップたちが口をそろえてなんかこう…右へ習えをするような、

これ以上喋ると自分の無知をさらに露見することになるだろうけど、

もうこういった問題が取沙汰されている時点で、信用も何もない。

安保法制だってなんだってさ。

 

そんなくだらないぼやきでした。

読んでくれてありがとうございました。